まずは第一印象を演出

営業の基本中の基本は、何と言っても信用ですが、その信用を積み上げていく上で最初に大事なことは、第一印象です。初めて相手と会う時はもちろんですが、初めて商品を勧めるときや、初めて電話をかけるときもそうです。相手は始めての事で不安に思っているでしょうから、良い第一印象はその後の相手方との取引や付き合いをやりやすくしてくれます。まずは自分の悪い癖をやめるように心がけ、更によりよい第一印象を演出できるように努力しましょう。

目は口ほどにものを言う

営業は、口がうまかったり面白いトークが言える人が向いている職業だと思われがちです。しかし、実際はそうではありません。寡黙な性格であっても、相手から信用される人柄であれば、営業はこなせるのです。更に、あまり口がうますぎると、逆に不信感を抱かれてしまうことも多々ありますので、出来る営業マンほど無駄口は少ないと言えます。むしろ、自分が喋るよりも相手の話をよく聞いているほうが多いでしょう。そうすることで、相手の本当のニーズが掴めるのです。

営業の真髄、それはクロージング

あらゆる業種の営業で、最も大事だとされていることはクロージングです。クロージングとは、簡単に説明すると、相手に決断を迫ることです。つまり、勧めている商品の購入を迫るということになります。商品やサービスの説明に終始して、クロージングをかけない営業マンがたまにいますが、それは営業ではありません。商品を勧めて初めて営業と言えます。クロージングは決断を迫るだけではなく、相手の本音を聞きだすこともできますので、的確に行いましょう。

現在、ネットの発達により電話で営業のアポをとることは少なくなってきているとは思いますが、話すことによる信頼関係の構築は未だ必要とされています。電話営業代行はそういったニーズに対応しています。

営業支援を検索