適性検査とは何だろう?

年々、採用時に適性検査を行う企業が増えてきています。では、適性検査とは何でしょうか。適性検査には、性格検査と能力検査があります。まず性格検査ですが、自分を良く見せようと意識的に違う回答をしていくと、結果として一貫性のない回答になってしまいます。この性格検査については、自分に正直に、ありのままを答えるのがベストです。うそをついて仮に採用されたとして、その業種に合わなくて入社後に悩むということになりかねません。

能力検査の対策方法は?

適性検査の中の、性格検査ではない部分(つまり能力検査ですが)、この検査の対策はできるのでしょうか。性格検査にうそはつけなくても、能力検査なら、努力によってはいい結果が出せるかもしれない、このように考える人のために問題集が売られています。能力検査の内容は、一般常識、発想力・思考力を見る問題、非言語(数式や資料読み取り、その他)の能力などです。最近では、SPIと呼ばれる適性検査を行う企業が増え、その対策問題集もあります。

SPIはどんなもの?対策はできるのでしょうか

最近、本屋でSPIの試験問題集が並んでいるのを見かけます。それだけ、対策したい人がいるということでしょう。そもそも適性検査には多くの種類があり、その中でもSPIは、リクルートが販売している商品です。そのリクルートは、SPIの対策はできないと明言しています。しかしそれでも対策したい人のために、SPIについての書籍やスマホアプリが出ていますよ。SPI以外の適性検査には、CAB適性検査があります。こちらはIT企業で使われることの多い検査です。こちらも対策本が販売されていますので、気になる方は手に取ってみるのもいいですね。

不適正検査スカウターは、成長しない、定着しない、頑張らない人を発見するために不適性検査を行っています。