お店を始めたいけれどノウハウがない場合

お店を始めるときは店舗だけ用意してもなかなか上手く行きません。店舗の他にも仕入れや宣伝などのノウハウが必要だからです。しかし、初めてお店を始める場合はノウハウを持っていない場合が多いでしょう。フランチャイズ契約を活用すれば本部からノウハウが提供されるので低リスクでお店を始めることが可能です。フランチャイズ契約はコンビニエンスストアが有名ですがこのほかにも飲食店やドラッグストアなど様々な種類のお店があります。自分のやってみたいお店を選ぶことができますよ。フランチャイズ契約の種類をご紹介しますので参考にしてみてください。

ビジネス・フォーマット型フランチャイズ

ビジネス・フォーマット型フランチャイズは一番ポピュラーなフランチャイズ契約です。お店の運営ノウハウがすべてパッケージ化されて提供されます。さらに、チェーン店の名前を使えますから集客効果が高いですよ。ただ、店舗は用意されていないので本部のアドバイスを受けながら自分で探さなければなりません。店舗代がかかるため、ある程度資金のある人向けの契約と言えるでしょう。その代わり、契約の際に求められる条件はそれほど多くありません。

ターンキー型フランチャイズ

ターンキー型フランチャイズの場合はお店から中の商品まですべて本部が用意します。このため鍵を受け取りさえすればすぐに営業を初められます。もちろん運営ノウハウも提供されます。手軽にお店を始められるのでおすすめの契約形式なのですが、その代わりビジネス・フォーマット型フランチャイズに比べて契約の条件が厳しくなっている場合が多いです。年齢制限が設けられていたり、夫婦で契約することが必須になっていたりします。

代理店とは、ある特定の会社の代わりに、商品の販売などを行う店舗のことを言います。特定の会社は一つだけではなく、複数の会社と契約を結んでいる店舗も存在します。