誰にでもある、プライバシー

人はみんな、それぞれある種のプライバシーを持っています。家庭の事情や私生活の事など、プライバシーの内容は様々あります。そして人は、他人からプライバシーを侵害される事に強い不快感を抱く事があります。やはり人は誰しも、触れてほしくない一面を持っており、それぞれ事情というものがあるので、プライバシーは簡単には侵害してはいけない非常にデリケートなものなのではないでしょうか。触れられたくない部分に触れられるのは、やはり嫌なものです。

プライバシーを晒すという行為

近年では、スマートフォンの普及に伴いSNSなどを利用する人が多いのではないでしょうか。もしくは、ブログをアップしているといった方もいると思います。そんなあなたは、友達と撮ったプリクラや写メなどを許可なく勝手にアップした、という経験はありませんか?相手の許可なく顔写真をネット上に勝手にアップした場合も立派なプライバシーの侵害になるのです。特にネットは不特定多数の人が閲覧するので、むやみに顔写真を後悔するのは危険な行為です。

プライバシーの侵害は犯罪です

実はプライバシーの侵害は、法律上では「不法行為」に該当し、損害賠償などの対象になる事があります。人にはプライバシー権というものがあり、これは法的に保護されているのです。更に、ネット上に気に入らない人の評判を悪くしようと、ある事ない事を書き込んで悪い噂を流すといった行為もプライバシーの侵害となり、名誉棄損罪などに発展する場合もあるのです。どんな理由があろうとも、人のプライバシーはむやみに触れない方がいいでしょう。

機密文書は外部に流出すると企業や団体の社会的信用が大きく損なわれるため、廃棄する際は慎重に扱う必要があります。近年では文書廃棄の専門業者が増加しているので、信頼できる所に依頼する方法があります。

機密書類の廃棄ならこちら
機密文書の処理について