適度なランニングで脳を刺激する。

朝起きると仕事に行く憂鬱感に浸ってしまう方はたくさんいますよね。そして、その目覚めない思考のまま1日の仕事を終えることなんてよくありますよ。しかし、そういう悩みも朝の時間を有効的に使うことにより仕事であろうが1日を、快適に過ごすことが出来ます。その事前準備が適度なランニングです。朝、日差しを浴びた状態で500メートル走るだけでも脳の血流が活性化して体を目覚めさせることが出来ます。これはジョゲングでも構いません。たった500メートル。これを行うだけで1日の状態が良好になります。

食事はほどほどに・・・

朝ごはんはランニングをする1時間前に食べた方がよいですね。間を開けることで吸収され体を動かすエネルギーを補給してくれます。そして、大事なのは食べる量なんですね。朝、腹一杯に食べる人がいますがそれは大きな間違いです。腹八分目が一番目覚めの体には適切なんですよ。ある程度の空腹の状態にあることで胃の成分が分泌され、良好な代謝を、促してくれるのです。栄養も大事なのは当然ですが食べる量まで気にする人はあまりいなかったのではないでしょうか。

簡単な数学問題で仕事力の向上!

目覚めたばかりの脳は完全に思考停止の状態にあるんですね。脳を起こしたいのなら運転や食事だけでは完全には起きません。そこで脳に補給をする意味で朝、簡単な数学の問題を10問程度解くと良いんですよ。これは穴空きかけ算などとてもシンプルな問題で構いません。これを解くことにより脳内の成分が分泌され活性化します。こういう問題はアプリなどでたくさん出回っているので簡単に入手することが出来ますよ。朝のちょっとした時間を有効に使うだけでその日が劇的に変わるのでぜひ試してはいかがでしょうか。

ワークフローを用いた場合にどのようなメリットがあるでしょう。作業のミス防止ができます。業務処理に必要な書類の明確化が可能です。作業の進捗管理の容易になり業務の効率化を推進できます。

続きを読む
PaaSの続きはこちら