自営業ってそもそも何?

そもそも、自営業とは何でしょうか。法律的に言えば、「商人」をさすと考えられます。一般的には、個人事業主が行っていることがこれにあたりますが、要するに、自営業とは会社などの法人ではない自然人が、会社などの構成員としてではなく、個人として営利追及活動をすることを言います。ですが、このような定義自体にはあまり意味はなく、強いて言うなら、税金の申告をする際に必要なぐらいです。そのため、自営業になろうというより自分自身が何をしたいのかをはっきりとさせることが重要です。

自営業ってどのような種類があるの?

自営業といってもその種類はいろいろあります。例えば、農家や漁師、八百屋などの個人商店などもありますが、実際このように種類を特定するよりも、会社などが行っている事業を個人が行っている場合をいうと考えるほうが適切です。例えば、法人化をしないで従業員を100人雇っていたとしてもこれは自営業にあたります。逆に、自分ひとりで業務を行っていたとしても、株式会社などの法人化をしていれば、それは会社を経営している経営者ということになりますので、見た目だけで種類を特定することはできません。

自営業を開始する際に重要なこと

自営業を開始するのに重要なことは、どのような仕事をしたいのか職種選択を適切にすることです。法的にみてや税金的にみて、会社として企業したいかどうかなどは後の話です。まずは、自分がどのような仕事をしたいかを見定めることから始めることが大切です。その上で、自分が選択をした職種を開始し、取引先などが増えて会社という形態にするべきかなどを考えるようになったときに、弁護士、公認会計士や司法書士に相談をすればよいといえます。

フランチャイズ契約は、大手のノウハウや知名度を得ることが出来るので、個人でお店を開きたいと考えている方にもおすすめです。ぜひ情報を集めて、検討してみて下さい。