若手にはビジネススキル研修を行う

まだ社会に投入されたばかりの新人社員。ビジネスのことはまだ何もわかりません。そのことが原因となって、スムーズな業務進行を妨げることがあります。そのため、若手社員にはビジネススキルの向上の研修を行うことをお勧めします。例えば、事務作業効率化のための表計算祖父のと使用の仕方や、ワードプロセッサの使用の仕方、効果的なプレゼンテーション資料の作り方などです。このような基本事項を身につけさせることで、若手社員は自信を持つようになり業務遂行がスムーズになるのです。

中堅社員には部下育成のテクニックを身につけさせる

中堅社員は、後輩社員を引っ張って行く能力が必要になります。部下のパフォーマンス向上や問題解決能力などを身につけさせる、いわゆるコーチング研修などはいかがでしょうか。中堅社員のコーチングテクニックが上がると、全社的に社員のスキルが上がり、会社全体のスキルアップを目指すことにつながります。例えば、部下に目標意識を持たせるための課題を与えるなどして、部下からの意見もしっかり拾い上げ、PDCAサイクルをしっかりと回せる人材を育成することです。

管理職の人には、リーダーシップをつけさせる

管理職は、いわゆる会社側の人間です。会社の内情を良く理解しながらも、部下を上手に操らなければなりません。そのために必要な能力は、マネージメント能力と言えるのではないでしょうか。複数の人材をコントロールするには、社員一人一人のモチベーションが管理できるようになったり、業務効率改善のためのアクションを起こせなければなりません。そのためにはリーダーシップが必要なのです。企業によっては求められるリーダーシップ像は異なってきます。その会社に見合った、リーダーを作り上げてみてはいかがでしょうか。

今度昇進して、管理職になるという方にお勧めの研修です。管理職についてのノウハウや知識をこの管理職研修で学ぶことができます。